KSH健康センター北陸 HOME

個人情報保護について

サイトマップ

お問い合わせ

KSH鍼灸院

FootBed

 

                          

KSHトレーナー

 

 

 

    のぞみ接骨院

 

    ひかり整骨院

 

   つばさ整骨院

 

    さくら整骨院

 

    あおば整骨院

 

   

 

    交通事故について

  

交通事故の施術に自信があります。

交通事故治療ナビ認定

むち打ち症とは

    むち打ちとは交通事故で車に追突された場合、体が前に押し出され頭だけが残り首が鞭のようにしなるような状態になるので「むち打ち」と呼ばれます。
     

むち打ち症の原因

    原因としては、追突の際、頚椎、胸椎、腰椎に外力が加わり、その関節が持つ運動範囲以上の動きを強制されるとことにより、筋肉、靭帯、関節などに損傷を惹き起こした状態です。
     

むち打ち症の分類

    (1)頚椎捻挫型
    頚椎に衝撃をうけるとまわりの筋肉や靭帯ダメージを受け、捻挫を起こしてしまいます。
    むち打ち症の全体の70〜80%を占めているといわれています。 

    (2)根症状型
    頚椎に変形があったり、頚椎の神経の通り道が狭くなったり圧迫されていると肩や腕の痛みに加えしびれ、頭の痛みなどが出てきます。

    (3)バレ、リュウー症状型
    後部交感神経が損傷されると椎骨動脈の血液が低下して頭や首の痛み、耳鳴り、難聴、めまい、目のかすみ、眼精疲労、吐き気などが現れます。

    (4)脊髄症状型
    頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷つくと下股にしびれや知覚異常がでます。
    圧迫されても同じ症状がでます。 又、膀胱直腸障害が生じる事もあります。
     

痛みがなかなか取れない

    病院ではむち打ち症と診断されるもののうちほとんどがこの頚椎捻挫と考えられています。
    病院で痛みや症状を訴えてもレントゲンを撮っても異常はなくでも痛みがなかなか良くならずに肩こり様症状や倦怠感が残ることがあります。
    当院では手技により、むち打ち症状のでている頚椎だけではなく全身の骨格や筋肉バランスの崩れを調整することにより、痛みや症状をやわらげる治療を行っています。
    交通事故の後遺症は臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から二次障害を起こすことがありますので早期の治療と完治するまで治療することをオススメします。
     

交通事故は自賠責保険を使い自己負担0円です

    交通事故は、一般的なケガよりも体にかかる負担が大きいケースが多く適切な治療を行わない場合、後遺症に悩まされることもありますので早期の治療が最も重要になります。

    ※交通事故の場合は自賠責保険適応になり、治療費の自己負担は無料になりますので安心して下さい。

もし交通事故に遭ったら

もし交通事故に遭ったら

交通事故にあってしまった場合、加害者がその場にいる場合、免許証の確認・内容を控えて住所、電話番号の確認をしてください。また、事故車両のナンバーを控えてください。

交通事故の日時や事故の状況を書き留めておいてください。また、可能であれば写真もとっておくことも忘れずに。 

(1)119番
相手がいて怪我がある場合は大至急「119」に電話してください。


矢印
 

(2)110番
どんなに些細な交通事故でも、その場で警察に連絡をしてください。
保険の手続きなどには、「交通事故証明」が必ず必要となります。また、そのときは大丈夫でも、後ほど痛みが発症する場合が多々あります。かならず警察の立会いの下、その場で処理してください。 

【注意する点】
(1)必ず警察を呼び当事者同士での現場での口約束や示談はしないこと。 
(2)痛みがある場合などは、その旨を警察に伝え人身事故扱いとする。 


矢印
 

(3)保険会社に下記のことを連絡する

 ・事故故発生の日、時間、場所
 ・相手の住所、氏名、電話番号、車名、車のナンバー等
 ・事故の状況の説明
 ・交通事故届出した警察署 


矢印
 

(4)医療機関の診断をうけてください

(1)交通事故で受けた損傷は、症状が発症するのが遅れる場合が多々あります。

その際、医療機関や接骨院にて診断書を発行してもらってください。
人身事故では、診断書の提出が必要となります。

(2)治療する医療機関が決まり次第再度保険会社へ連絡する。
・接骨・整骨院では交通事故での保険(自賠責保険・任意保険)による施術が行えます。(自己負担額0円)
・接骨・整骨院では診断証明書が発行でき、それにより人身事故扱いとなります。
・最初に整形外科などの病院に行って診察を受けていても、接骨・整骨院に変更することは可能です。医師からの許可があれば、両方に通院することも可能です。

他院に通院中の方でなかなか症状が改善されない場合は、当グループ院にご相談をしてください。

交通事故についてのお問い合わせはこちら 

 

 

KSHメディカルトレーニングセンター

 

KSH鍼灸院

 

FootBed

 

高圧酸素ルーム